工事保険の専門家が無料アドバイス 工事保険・建設保険110番»

保険料の記事一覧


工事保険の保険料は商品によって、保険料算出の基礎が
異なります。

建設工事保険や賠償責任保険は前年度の売上高で計算する
ことが一般的で、任意労災は人数、売上高どちらかで計算
する形になります。

また保険料が安い、という理由で加入するといざというとき
大切な特約や補償が付いていない等のトラブルもよくあります。

工事保険を比較する際は、補償や特約に注意して自社に必要
な補償がきちんと付いているか吟味する必要があります。

また、一般的な工事保険の保険料は自動車保険のように、
事故回数で保険料の増減をさせるものではありません。

使用頻度・損害金額により保険料のアップ・保険が更新できない
等のことが発生しますので、保険に入っているからという理由で
気軽に保険使用するのは注意が必要です。

また商品によっては、任意労災など他の商品と一緒に加入すると、
割引が受けられたり、ISOの取得・無事故歴等によって保険料が
割安になるものもあります。

保険会社には売上高を正確に伝える

工事保険を使った場合、翌年の保険料はどうなるの? ■無事故割引が無い商品の場合。

工事保険を使った場合、翌年の保険料はどうなるの? ■無事故割引がある商品の場合。

解体工事の工事保険料

工事保険料について

ブロック工事業者 工事保険料



工事保険・建設保険を無料設計

工事保険・建設保険を無料設計

工事保険・建設保険を無料設計

更新履歴
工事保険請負人 大室順一郎
メディア掲載・取材履歴
工事保険専門家による解説
工事保険の種類
サイトマップ