工事保険の専門家が無料アドバイス 工事保険・建設保険110番»

PL保険の記事一覧


PL保険とは

工事引き渡し後に、施工不良が原因で対人・対物事故を
起こした時に、賠償金を支払うものです。
PL保険(生産物賠償責任保険)

例:引渡し後、施工ミスが原因で水漏れ事故を起こしてしまった。
引渡し後、施工ミスにより強風で看板が落下し、通行人に怪我をさせてしまった。

一般的には請負業者賠償責任保険(作業中の対人対物事故を補償する
保険)と同時加入するもので、PL保険では作業中に起こした対人対物
事故は補償対象外となります。

まれに請負業者賠償責任保険しか加入していないケースや、
逆にPL保険だけしか加入しておらず、事故を起こしたのに
保険金が支払われない等の相談を受けます。

この場合のほとんどが
「保険屋さん自体もよく分かっておらず、自分もよく吟味しなかった。」
というケースです。

PL保険の重要な特約・落とし穴

①作業対象物自体の原状回復費用まで対象とするもの
②作業対象物自体は対象外となるもの
と商品・特約が分かれます。
(①対象とする場合、対人・対物事故が発生していることが前提)

たとえば給排水管の施工ミスにより、水漏れ事故が発生した場合、
①②とも、被害を与えた施主の天井ボード・壁紙などの復旧費は
対象となるが、②の場合、原因となった給排水管の修理費用は
補償対象外となります。

水漏れ事故では特に問題となる、原因調査費用についても、
対象となるもの・対象外となるものが分かれます。

このように業種によっては、事故の際、補償に大きな穴が開くことが
ありますので、注意が必要です。

瑕疵保証との違い

引き渡した物件に施工不良があり、対人対物被害は出ていないが、
再施工が必要。
このようなケースはPL保険を含め、保険会社が想定する保険事故
とはなりません。
損害保険はあくまで、対人対物被害が出ていることを想定しています。
瑕疵保証を検討される場合、各業界団体による瑕疵保証制度を
利用するのが、一般的です。(外部リンク)

 ⇒住宅保証機構株式会社
 ⇒株式会社 日本住宅保証検査機構
 ⇒リフォーム瑕疵保険
 ⇒株式会社住宅あんしん保証

PL保険の料率

生産物賠償責任保険(PL保険)の盲点とは?

やり直し工事は保険で補償されないの? 

PL保険は引き渡し後、何年間補償が有効でしょうか?

元請け業者等との約定によって加重された損害賠償責任 PL保険編



工事保険・建設保険を無料設計

工事保険・建設保険を無料設計

工事保険・建設保険を無料設計

更新履歴
工事保険請負人 大室順一郎
メディア掲載・取材履歴
工事保険専門家による解説
工事保険の種類
サイトマップ