工事保険の専門家が無料アドバイス 工事保険・建設保険110番»

建設保険の記事一覧


建設業の保険はリスクと背中合わせで遂行する業種のため、
かなり多岐にわたる種類の保険に分かれています。

いままでの経験上、主要なものは下記ページにまとめています。
工事保険とは

ここでは、いままで建設業の経営者から寄せられてきた質問、
実際の事故事例を基に、少し抽象度を上げて記載していきたいと思います。

上記ページで触れているように、建設保険については、シンプルに
・物保険(自社で所有する物の補償)
・賠償保険(施主・第三者への対人対物補償)
・労災保険(事業主・スタッフ・下請け業者の労災補償)
に分かれます。

数多くのリスクがある中、全てのリスクに保険をかけるのは、
コスト面から考えても最善策ではありません。

たとえば、工事内容が元請け会社等から材料支給が多く、
材料資材は自社で仕入れることはほとんどない、または仕入れるが
高価なものは存在しない場合、ごくごくまれにしか発生しない事故のために
毎年保険料を支払って物保険に加入するのは、無駄な保険料になって
しまうかもしれません。

何か起きた時に、保険に頼ることなく、自社で自腹を切る選択をしたほうが、
最善策であるケースも多くあります。

逆に賠償責任保険や、任意労災保険について、
「何かあったら元請けさんの保険を使用するから、うちは必要ない。」
というケースがありますが、いざ事故が発生したとき、事故を起こした会社の
自己責任として、自社保険の使用を指示されることが増えてきています。

自社の危機管理まで、他社依存の状態が続いていると、いざという時に
最悪の事態になりかねません。

経営者として、冷静に客観的に危機管理をしていく必要があります。

建設業の保険に加入するには?

建設業と施設賠償責任保険

下請け業者同士の事故は、どうなる?

建設業者の自動車保険

公共工事履行保証保険とは

保険事故が起こったらどうする?

建設業の取引信用保険とは?

組立保険で支払われる保険金

組立保険の保険期間

土木工事保険の保険金額の決め方



工事保険・建設保険を無料設計

工事保険・建設保険を無料設計

工事保険・建設保険を無料設計

更新履歴
工事保険請負人 大室順一郎
メディア掲載・取材履歴
工事保険専門家による解説
工事保険の種類
サイトマップ